ニュース

2009年10月10日

2009/10/10(土)よりホームページの開設です。

株式会社井上鉄工所にとって、記念すべき日となります。

まだ、これから徐々に楽しんで書き込んで行く予定です。

2009年10月13日(火)

今日の朝のミーティングで、社員さんにホームページの開設を伝えました。

「うんうん」と、うなずく者、「へー」と感心する人と対応はまちまちでしたが、「機械だけでなく、人も写真に写していく。」との報告には、誰もが感心を持ってくれた様子。第一号は誰か?

2009年10月19日(月)

経営研究会の例会に出席。今回は経営計画書の作成。メンバー2名が発表してくれた。自分のはなかなか分からないが、他人の物は良く分かる。少しずつ自分のものに消化して行かなくては。5名のオブザーバーが勇気をくれた。(3名入会?)さあ、会社に持って帰ろう!

2009年10月22日(木)

風邪でダウンのため、2日ぶりに会社へ。リーダーが良く動いてくれ、問題なし。社長がいない方が良く育つ?故に、応接間へ隔離。

この時期に風邪をうつしてはいけませんよね。

2009年10月26日(月)

朝から、取引先へ不良率低下の打合せへ。

ベテランと新人との不良率の差を縮めるため、感覚から、数値へ転換を模索。

閉め具合をトルクレンチで行うことによって、安定した閉め具合に。

更なる改善を!

 

2009年10月28日(水)

三菱重工業(株)の納期遵守会議に出席。

どこの会社もレベルが高い。

3名のリーダーも共に出席し、各担当で発表した。

さすがに緊張感がある会議で、我が社のリーダーたちもやるべき事がはっきりとした様子。

さあ、改善!

 

2009年11月30日(月)

本日、取引先N社のY様からお電話。「ホームページ見させてもらったよ。改善の進み具合が分かって良いよ。」と嬉しいお言葉。「最近、書き込みがないけど・・・」その通りです。誰も見てないと思っていましたが、これはありがたい励ましを頂きました。ということで、書き込み再開!

 

午後から、三菱重工業(株)の納期会議に出席(既に1ヶ月が経ちました。)私が遅れて行ったため、幹部3人はドキドキしながらの発表だったと思います。最後に担当者から「社長がいなくても立派に発表していたよ。」とお褒めの言葉。部下が褒められることほど、社長にとって嬉しいことはないです!

 

明日は、生産管理について福山市の産業コーディネーターO氏が来られます。

勉強!勉強!

2009年12月7日(月)

先週は、インフルエンザでダウン。その間に10冊もの本を読むことができ、今までの行動を反省。実学の大切さを感じました。

 

本日は、毎月一度(毎月最初の月曜日)の全社員勉強会です。朝から1時間現在の状況の報告と「行動分析」を行いました。

 

前回は、、導入部分として、朝起きてから会社に出かけるまで(家を出るまで)を一つひとつ項目をあげ、書きだしてもらいましたが、今回は、会社に来てから朝礼が終わるまでを書きだしてもらいました。

狙いは、仕事が始まるまでの「できる人」の行動を真似して、するべき事をはっきりさせ、取りかかりを早くし、ムダをなくそうということでした。

 

各部署での発表は一番できの良いものと思われるものでしたので、ベテランのすご技を垣間見ることができました。

 

うーん、やっぱりすごい!

2009年12月8日(火)

本日は福山市の産業コーディネーターK氏の管理会計のご指導を受けました。

前回の宿題の「旋盤のスケジュール管理の打合せをする」ということができていなかったため、強く注意を受けました。「言い訳ばかりでは前に進まない。今言っているかとが言い訳だとは思わないのか?だから会社が儲からない。まず、前に進め!」私に対する言葉だとつらい時間でした。

 

言い訳の度に、「何でしないのですか?」これは結構ききました。

「全てを数値で会話せよ。」この命題にはまだほど遠いですが、着実に一歩前進しています。

 

以前、誰かに言われましたが、「社長だけが勉強するのが一番悪い。社員さんとの間が開くばかりだ。だったら、しない方が良い。社長も社員さんも一緒じゃなければ。」本当にそうです。次回の勉強会が楽しみです。

 

2010年01月08日(金)

今日より2ヶ月間、F ITコーディネーターに指導を受けることになりました。国の事業で無料です。3月には広島での指導発表をするようにとのことです。否が応でも気合いが入ります。

幹部を中心に業務の流れを分析し、余分・不足の行動をスムーズにしていきます。

ITというので、小難しい事だと思っていましたが、基本はムダの排除です。

2010年01月15日(金)

本日は、午前・午後とITコーディネータの指導を受けました。

2人の違いを感じながら、基本は同じ。やるべき事が出来ていない。躾が出来ていない。リーダーが動いていない。

5S指導のH氏・生産管理指導のO氏・管理会計指導のK氏と勉強三昧の日々が続きます。こんな時期だからこそ、しなければ。本当に恵まれています。

2010年02月19日(金)

今日も午後からF氏による指導がありました。

業務分析のおかげで、改善すべき点が見えてきました。

お互いの仕事を知っているようで、お互いに分かっていない。この曖昧から、ムダが生じ、余分な時間を使ってしまう。それをムダだと思わず、「仕方がない」で済ませている。負の連鎖を断ち切るため、良い刺激を受けています。(といっても、何人がこの事に気づいているのだろうか?全員分かっている?)

次回で、この勉強会も終了。もっと、続けてもらいたいのだが。

2010年02月26日(金)

F氏のITコーディネーターの指導も今日で終了。名残惜しい。と思っていたのは、私だけではなかった。帰り際には、全員で見送りができた。誰もが変わろうとしている。ただ、どうすればよいか方法が分からないだけ。今後の指導力が問われます。

 

ほっとした社員さん達に対し、私には、まだ大きな宿題が残っています。そう、広島でのIT経営発表。3/13(土)までの時間で、何をすればよいのか?

必要な資料は渡してくれると言われるが、この程度の改善では、IT経営というのもおこがましい。積み重ねしかないようです。

2010年03月13日(土)

今日は、IT経営発表の日。F氏と広島の発表会場で待ち合わせ。

出席者は、私以外全員ITコーディーネーターの方々。うっ!やられた!

私の隣で、F氏は悠然とパソコンをつついている。この事態を指摘すると、「指導を受けた人がするのは当然でしょ。他が間違っている。」ごもっともです。

待っている間、今までで最も集中できたのではないだろうか?

発表をしながら、聴衆の反応を感じ、「興味があるのはこのことか!」と冷静に判断している自分が怖い。

人は厳しい環境で育ちます。

2010年03月19日(金)

今まで、F氏の指導ばかり書いてきたが、K氏にもお世話になっている。

管理会計から始まって、現場の機械稼働についても指導を受けている。

売上が回復しない中、経費を削減するのは当たり前。その経費の中で最も大きなものは人件費。そして、外注費。どちらを削減するのか?とK氏に聞かれた幹部達は、迷わず、「外注費の削減です。」と答えた。しかし、思ったように削減できない。それどころか、納期に遅れそうだと言って、外注に出したがる。

そんなときは、原点に返れ!

「人件費と外注費どちらを削減する?」

するとスイッチが切り替わります。しかし、このスイッチ、すぐにまた切り替わろうとする。ずっと、押し続けることがまだ当分必要です。